7つの提言

備前市・和気郡の皆さんへ

「今の地域はこれからどうなるのか?」
                   を考えてみました。

せっかくの良い資源を持ちながら、なぜ今のような街になったのだろう。日本一の耐火煉瓦の生産を誇りながら、東備地域で最も栄えた街だったのに・・・。
子どもの頃の賑わいがよみがえればと夢見ることがあります。片上湾にたくさんの貨物船が出入りし、港一杯に船が並んでいた。祭りといえばどこも人が溢れ出た。そんな街だった。
でも、現実と向き合い、昔の郷愁にひたる時間はありません。

覚悟を決め真剣に取り組み、未来の子どもたちのために全力をふりしぼり戦わなければならない。
どんな困難にも負けず、必ずやり抜きます!!

池本敏朗

7つの提言

雇用創出
  • 1次産業から6次産業化へ

農業、林業、漁業の振興と6次産業化へのシフトとスキーム作り。

  • 2次産業への支援

今の設備、技術力でどのような新しい商品ができるか?県と一緒になって知恵を出す部署を作る。

  • サービス付き高齢者向け住宅を増やし、
    介護の雇用を増やす。
高齢者対策
  • サービス付き高齢者住宅を、
    民間活力を使い増設をする。
  • 介護予防のため高齢者が活躍できる場をふやす。
  • ボランティアの募集をする。
  • 元気になれるようなイベントを各地で開催する。
定住政策の提案

平成18年△562人、平成19年△647人、平成20年△652人、平成21年△513人となっている。現在の総人口は38,258人です。
毎年、500人〜600人の人がこの町からいなくなっているのです。

  • 小育て世代に支援(地域振興券等の配布)
  • 新築・改修に対して補助金交付
道徳教育の徹底(人づくり)

閑谷学校が地域内にあり、論語教育のメッカであることを活かして、その教育内容を現代風にアレンジして学校に時間を設けてもらう。それを題材にした創作劇や紙芝居などで表現してもよいのではとおもう。幸いにして論語の教材がたくさんあり、豊富な教材を活用する。

学校支援地域本部

今年からは備前市全域の中学校に設置することになっている。これだけの数になると一同に集まり、意見交換をすることができる。また、お互いに学校訪問しながらの交流もできるので更なるレベルアップができる可能性があるので、そのような形にすればより一層の飛躍ができる。当然、地域住民の方々が主役になるような仕掛けをつくり地域で取り組むようにする。

人口増加のための提案
  • 人口の増加を図る

定住促進、子育て支援

中小企業の支援
  • 既存の資源で新商品の開発を支援
ページの先頭へ戻る
  • 活動予定
  • プロフィール紹介
  • 配布資料
  • TEL 0869-64-1480 FAX 0869-64-1480 お問い合わせメールフォーム
プライバシーポリシー